星槎大学100歳プロジェクト 〜人生100歳時代を共に生きる社会づくり〜 に参加します。

2020年 2月13日(木)13:30~15:00 箱根星槎大学 

体をいたわるヨガ動作 

2020年 1月29日(火)14:00~16:00 

      2月12日(水)14:00~16:00 おだわら市民交流センター

身体の正しい動作①②

 

ヨガのすすめ アイアンガーヨガについて

アイアンガーヨガについて もっと詳しく・・・

 わたしたちは日々、現代社会のストレスにさらされています。仕事に追われ毎日が忙しく、運動不足になったり、他人との関係から精神が不安定になり、あらゆる不調を訴える方もいるでしょう。それでも何とかその不調をコントロールして、なんにもなかったごとく毎日を暮していかなければならないのが現実です。 そんなとき、ヨガでは、けっして無理をせず、それでいて社会と自分との程よい距離感の中で、自分らしく生きることを提唱します。まず、呼吸に合わせて、ゆったりとしたヨガのポーズを行うことにより、体の内部から変化していきます。体のあらゆる部分を使って動かしていくことにより、隅々の細胞まで血液や酸素が送られ、今までブロックされていた気の流れがよくなることで、その人本来の生命エネルギーが活性化され、生き返ったようにリフレッシュします。 ヨガはスポーツとは違い、人と優劣を競ったり、人より優れていることがよかったり、一番になることが目標になることはありません。こうした現代の他人との競争社会とは全く違った自己の内面を見ていく作業になります。日々の体の内部の変化を観察し、内面から自己を見つめることで心身ともに統一されバランスがとれてきます。よく、「体が硬いのですが、ヨガはできますか?」と、聞かれます。ご心配はいりません。なにを隠そう、私自身、非常に体の硬い人間でした。習った当初は本当に自分が情けなくて、自分の体なのに思ったとおりに動かないことに愕然としたものです。  アイアンガーヨガでは、体が硬い方ほどたくさんのギフトが用意されています。アイアンガーヨガはラジャヨガ、アシュタンガヨガの伝統的なヨガの哲学や叡智を受け継ぎながらも、Yogacharaya Sri B.K.S.Iyengar(アイアンガー師)によって現代科学的に心身が研究工夫されているヨガです。道具を使うことで、体の動きづらい人や故障のある人など、どなたにも無理なく段階を追って学べます。 またヨガでは、逆に体が柔らかいからいいというものでもありません。柔らかく、十分に動けてどんどん動きたい方にも、その人の体力に見合ったアイアンガーヨガのシステムがあり、より正しい動きを学び、より深い内面を探っていく旅に終わりはありません。

 

葉山大船でのクラス 

 hayamayoga@gmail.com